2013年05月24日

歩きやすい靴を探すなら

歩きやすい靴、例えばサンダルを探すなら、
こんなポイントを押さえておきましょう。

・ぺったんこ過ぎないか?
ヒールがあまりにないと、逆に歩きにくいものです。
0センチより少しはあるものを選びましょう。
なぜならぺたんこ靴は、踏み出しのインパクトが直接的に
足に伝わってしまい、疲れの原因となるからです。
従って、ある程度はヒールのある方が疲れにくいのです。

・「かえり」は重要
靴やサンダルを選ぶときは、軽く曲げてみましょう。
この曲がりをかえりと言います。
このかえりが少ないと疲れや痛みの原因となります。
その理由は、かえりがないと、足の指の付け根の動きが
靴と合わなくなってしまうからです。
つま先立ちしにくいような硬さの靴は、疲れやすい原因です。

・ヒール高はやっぱり痛くなりやすい
ある程度のヒールがないと疲れやすいものですが、
逆に高すぎるのは痛くなる原因に。
なぜなら、やはりヒール高の靴は、不安定かつ前すべりしやすいためです。
当然ながらヒールが低ければ安定し、痛みも起きにくくなるわけです。

以上のポイントをおさえながらも、
できるだけ自分好みの可愛い靴やサンダルが欲しいもの...。
以下のサイトは、可愛くって機能的な一足を見つけるのに
最適です。

>> 可愛い靴の通販
http://www.kawaiikutsu.com/

ベストセラーの激売れ靴やサンダルはもちろん、
ウエッジソールも豊富です。

痛みや疲れが出にくい靴を選ぶなら、
通販でも試し履きが無料でできるようなので、
お試しになってみてはいかがでしょう。
posted by オキョー at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴選びのチェックポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68282740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック